お役立ち情報

起業するなら何歳がベスト!?成功率が高い年齢や年代ごとのメリットを紹介

起業するなら何歳に起業するのがベストなのでしょうか。このページでは、これから起業にチャレンジしたいという女性に向けて、起業するのにベストなタイミングは何歳なのかについて見ていきます。

起業の成功率が高い年齢や、起業する人の平均年齢、10代・20代・30代・40代それぞれの起業するメリットと注意点などについてもご紹介します。

「起業しようかな」「何歳くらいに起業するべきなのかな」と考えている人は、ぜひこのページをチェックしてみてください。

起業の成功率が高い年齢

起業して成功する確率が高い年齢についてご紹介します。アメリカの国立経済研究所の調査では、起業の成功率が最も高いのは40歳前後という結果になっています。


25歳までは成功率が低く25歳を超えると40歳前後まで上がっていき、45歳を超えると成功率が下がっていきます。40歳前後は経験や人脈、知識、スキル、社会的な信頼、経済力が十分。長期間働いてきた中で得た知識や経験を活かして開業できるので、起業を成功させやすくなっていると考えられます。


起業するのは心身ともに大変ですが、40歳前後であればまだ体力も低下していないので身体的にも安心かもしれません。


 

起業の成功率が高い年齢

起業する人の平均年齢

どのくらいの年齢で起業することが多いのか、起業する人の平均年齢を見てみましょう。中小企業庁の中小企業白書の調査によれば、女性が起業する平均年齢は44.7歳で、男性が起業する平均年齢は49.7歳となっています。


起業する女性の43.4%は39歳以下で起業ており、男性では39歳以下で起業した人は30.7%なので、女性の方が早い時期に起業する傾向があるようですね。


さらに起業の平均年齢は、業種によっても異なります。飲食業やサービス業、民泊業は若い年齢での起業が多く、卸売業や小売業、建設業は年齢の高い50歳以上での起業が多いです。


 

起業するのは何歳でもOK

成功率が高い年齢や起業の平均年齢をご紹介しましたが、これらは参考に過ぎません。平均よりも若い年齢で起業して成功する人や、定年退職した後に起業して成功する人など、様々な起業の事例があります。「起業するのにベストな年齢は〇歳」と明確にあるわけではなく、その人によって異なります。


そのため成功率が高い年齢や起業の平均年齢を見て「まだ企業するのは早い」「もう企業するのは遅い」と判断しないようにしましょう。自分のスキルやライフプランを考えて「起業をするなら今だ」と思える時が起業するのにベストなタイミングです。


 

10代・20代・30代・40代それぞれの起業するメリットと注意点

起業する場合、それぞれの年代によってメリットと注意すべきことが異なってきます。10代・20代・30代・40代それぞれの起業するメリットと注意すべきことをご紹介します。自分が起業するのにベストなタイミングを見つけるための参考にしてみてください。


 

10代・20代

10代・20代で起業するメリットは、社会の常識にとらわれずに柔軟な発想でビジネスが提案できること。体力があるので起業に全力で取り組むことができ、失敗した場合もまだ若いのでやり直しができる年齢であることもメリットです。


また若さを売りして社会から応援してもらうことができます。自治体や教育機関、財団法人などの団体は、高校生や大学生を対象にビジネスプランコンテストを開催していることがあるので、ぜひチェックしてみてください。


このように社会的に10代・20代の起業は応援してもらえるので、チャンスをつかめば自分のビジネスプランを活かして開起業できます。とくに10代での起業は珍しいので話題性も高くなりやすく、面白いビジネスを展開すればメディアからの取材に取り上げてもらえることも。しかし10代・20代で起業する場合はスキルや経験が少なく、信頼を勝ち取りにくいので起業を実際に軌道にのせることが難しくなります。


10代の場合は親など周りからの理解が得られないと起業に挑戦できません。法的な手続きなど起業の準備をする際は保護者の同意が必要になるからです。保護者など周りの大人の支援を受ける必要があります。


 


社会人になってからの起業では、高校や大学に在学中と異なり、自治体や教育機関、財団法人などの団体からの支援を受けにくくなります。資金調達や取引先の確保など、ビジネスを始めるためにより注力する必要があります。


 

10代・20代

30代

30代で起業するメリットは、社会経験や人脈、知識、スキルがあることです。経験や知識を起業に活かすことができます。人脈も豊富になっているので、場合によっては現在勤めている会社で担当している取引先を引き継いで独立できることもあります。しかし30代は、結婚したり、子どもを出産して育児をしたり、マイホームを購入したりと、様々なライフイベントがある年齢でもあります。この時期に起業すると、起業とこのようなライフイベントが重なることになるので注意が必要かもしれません。


ライフイベントには時間もお金もたくさんかかることになるので、これからのライフイベントを考えて計画的な行動が必要になります。結婚していて家族がいる場合は、なるべく早い段階で起業について話して許可を得ておくなど慎重に起業を進めましょう。


一般的に会社に勤めているサラリーマンと異なり個人事業主は社会的信用が低くなります。そのためマイホームの購入などでお金を借り入れる場合、審査に通過する難易度が高くなってしまいます。


大きな出費をする予定がある場合は、起業する前に済ませておくのがおすすめです。マイホーム、子どもの教育資金など、これからの生活に必要なお金を再確認してみましょう。


 

30代

40代以降

40代以降で起業するメリットは、社会的な信頼と経済力があることです。30代で得た社会経験や人脈、知識、スキルもさらに向上しています。会社員として長期間働いてきた中で得た知識や経験を活かして開業できるので、起業を成功させやすくなります。子育ても一段落つく時期なので、起業のための時間が取りやすいのもメリットの1つ。


資金も十分にあるため、金融機関に融資を申し出る場合にも有利になります。多くの資金を準備できたという実績があることで、金融機関による融資の審査を通過しやすくなるのです。


60代以上で起業する場合は、退職後に起業することで、さらに起業のための時間を十分に確保できます。金銭面も退職金を起業のための資金に充てることができるので、起業で失敗するリスクを低く抑えられます。また定年退職を節目として、新たに挑戦することは、心と体の健康を維持するのにも効果的かもしれません。


「シニア起業家支援制度」を利用することも可能です。起業するのに必要な資金の全てを退職金で支払うことが難しい場合は、シニア起業家支援制度を利用することで資金を援助してもらえます。多くの高齢者が抱えている悩みや問題を解消するためのビジネスを立ち上げることもでき、シニア層ならではの発想で起業することもできます。


しかし40代や50代、60代以上のシニア世代は、体力の低下が見られ、健康の心配があります。自分の体力を過信せずに、ワークライフバランスを考えて無理することなく起業に取り組むことが大切です。


 

まとめ

ここまで女性が起業するのにベストなタイミングは何歳なのかについて見てきました。成功率が高い年齢や起業の平均年齢は参考程度にして、自分に合ったタイミングで起業するのがおすすめです。


10代・20代・30代・40代それぞれの年代で、起業するメリットと注意すべきことがあります。起業する場合は自分のライフプランと合わせて計画して、自分に合ったタイミングで起業しましょう。


 

written by さぁぁぁぁぁぁ

自由なライフスタイルを実現するためにフリーライターになり、ライフスタイルやビジネスなどのジャンルで執筆しています。